拡張現実におけるSnapchatとその100%のDNA

進化し続けるソーシャルネットワーク「Snapchat

Snapchatは2011年にカリフォルニアのスタンフォード大学の学生によってデザインされ誕生しました。すぐに大成功を収め、今もなお成長を続けています。 

2015年、小さなお化けは、スマートフォンやタブレットのカメラから直接使用する拡張現実フィルター「Lens」の発売を決定しました。なお、ソーシャルネットワーク上で拡張現実体験を提供したのは、Snapchatが最初です。 

このレンズは急速に普及し、Snapchatはエフェクトを作成するためのソフトウェアを誰でも利用できるようにすることにしました。この選択により、クリエイターやブランドは特定のフィルターを自由に作成できるようになり、その結果、ユーザーにより多くの効果を提供できるようになりました。

SnapchatはAR(拡張現実)にこだわる

現在、1億7000万人のユーザーが毎日、拡張現実フィルター付きのスナップを送っています。同社は、ARが多くのことを可能にし、単純な写真/動画を没入型体験に変えることができることを知っています。

そのため、Snapchatはこの技術にどんどん投資して、機能を最適化したり、新しい機能を開発したりしているのです。 

ここでは、アプリケーションに搭載された新機能の一覧をご紹介します。

👉🏻 ローカルレンズ:これはSnapchatの技術チームから多くの労力を要した機能です。特定の街並みのファサードをさまざまな色で塗ることができるのです。プラスは?ユーザーがペイントを追加すると同時に、他のすべてのユーザーがフィルター上で直接それを見ることができるようになります。一種のコラボレーション・ファンタジーの世界ですね。  

👉🏻 Snap ML: Lensクリエイターが自由に利用できる機械学習で、顔や環境のトラッキングを最適化することができるものです。これにより、クリエイターに自由度を与え、ユーザーには最適な品質を提供することができます。 

スナップチャット・フィルター・カートゥーン

👉🏻 Snapchatが最も時間と投資を必要とするプロジェクトは、Augmented Reality Spectaclesの立ち上げです。 スマートグラス2個 は、すでにソーシャルネットワークから公開されていますが、ARは含まれていません。消費者の関心が低いにもかかわらず、同社は拡張現実を含むスマートグラスを提供するための研究を粘り強く続けています。

グラス・スナップチャット・リアル・オーグメンテッド