AR(拡張現実)を活用したドライブ・トゥ・ストア戦略の展開

店舗への誘導は、拡張現実で実現できる目標です、その理由は以下の通りです。 

AR(拡張現実)を活用した店舗誘導キャンペーンを成功させるには?

ドライブ・トゥ・ストアのキャンペーンは、必然的に店の外から始めなければなりません。雑誌、広告ポスター、インターネットから始まることもあります。拡張現実は、消費者を店舗に呼び込むためにデジタルコミュニケーションを選択する場合、重要なテコとなります。

ドライブ・トゥ・ストアとは?

ドライブ・トゥ・ストア戦略とは、簡単に言えば、ターゲットとなるユーザーに実店舗に足を運んでもらい、商品を購入してもらうという行為です。ドライブ・トゥ・ストア戦略を実施する方法はいくつかありますが、いずれもほとんどのブランドですでに多用されており、効果は薄れつつあります。

そのため、競合他社に差をつけるには、既成概念にとらわれず、ユニークで独創的な戦略をとる必要があります。ARは、drive to store戦略で達成したいさまざまな目的に対応します。

使用例:ユニベイル・ロダムコ・ウエストフィールド

簡単な説明 

インスタグラムフィルターの目的は、監禁後の飲食店オーナーを応援することでした。ショッピングセンターへの来訪を促し、レストランでの消費を促進することが目的だった。このDrive to Store戦略には、ユーザーのセンターへの来訪を促すための報酬が伴いました。 

推薦・制作: 

Unibail-Rodamco-Westfieldとの直接のコラボレーションにより、12のショッピングセンターに代わって利用可能なARゲームを作成しました。フィルターの仕組みは、遊び心にあふれながらも、人を惹きつけるものでした。ボードにできるだけ多くの食料を集めるだけでいいのです。ゲームを終えたユーザーは、ショッピングモールのフロントでスコアを提示すると、さまざまなレストランで割引を受けることができるのです。  

現在までに、センターのInstagramアカウントでは、2万件以上のフィルター利用がありました。