Mojo Vision:開発中のAR(拡張現実)レンズ

2020年1月の新技術専門見本市「CES」で発表された、スタートアップの モジョビジョン は、AR(拡張現実)を搭載したコンタクトレンズのプロジェクトを継続的に展開しています。Mojo Lensのプロトタイプは現在改良中で、最近、新機能が発表されました。

オーグメンテッドリアリティレンズ

カリフォルニアのスタートアップ企業であるMojo Visonは、2年前にユニークな体験を提供することを自らに課しました。 拡張現実 モジョ・レンズ」というシンプルなレンズを通して。その目的は、「見えないコンピューティング」というユニークな世界を実現することであり、ユニークで未来的な体験を提供することです。このレンズで、例えば、ユーザーの視界に正確な情報(GPSの方向、星座など)が表示されるようなユニークな使い方を提供し、拡張現実体験を再発見したいと考えています。拡張現実とスマートフォンの利用、スマートデバイス全般を組み合わせた未来型イノベーション。 

レンズビジュアル

さまざまなユーザー

このメガネは、主に視覚障がい者のために設計されたものです。このスタートアップ企業は、連邦医薬品局(FDA)と協力して、画期的なデバイス・プログラムの開発に取り組んでいます。視覚障害者にリハビリテーションサービスを提供する団体「Vista Center for the Bling and Visually Impaired」と提携しています。また、このブランドはリーチを広げ、新しい市場を征服し、対処することも視野に入れています。最近では、アディダスランニングと提携し、今後もフィットネスブランドとの提携を予定しています。Mojo Lensは、アスリートがランニングに集中しながら、自分のパフォーマンスに関連する情報にライブでアクセスする可能性を提供します。 

新機能

このレンズは、比較的かさばるAR(拡張現実)ヘッドセットの枠を超えたものです。ARM Core M0プロセスを搭載した1インチあたり14,000画素の0.5mmマイクロLEDディスプレイがコンタクトレンズに直接組み込まれているのです。 Mojo Lensは、正確で最適な視線追跡を実現するアイトラッキングなど、さまざまな機能を備えています。まだ開発中のこの新機軸は、素材の小型化と統合されるであろうOSを考慮すると、小さな宝石になるだろう。

モジョビジョンは、試作機の開発を続けるとともに、日本の大手レンズメーカーであるメニコンと提携した。このコラボレーションにより、Mojo Visionはプロトタイプから完成品へと移行することができます。また、様々な企業から4,500万ドルの追加資金を調達したことを発表しました。 

このレンズの目的は、ユーザーが欲しい情報をシンプルかつ迅速に得ることで、究極の快適さを提供することです。スマートフォンを取り出して画面を確認し、それまで見ていたものを見失うことなく、顔を上げるだけで必要な情報を見ることができるのです。開発された機能の目的は、レンズの使い方を最大限に最適化し、流動的で快適、かつユニークなものにすることです。

モジョレンズビジュアル

近未来的な世界へ向けて?

まだプロトタイプの段階ですが、モジョビジョンは、革新的でユニークな製品を開発することで、私たちの日常生活にインパクトを与えたいと本気で考えています。確かに、この技術は医療をはじめ、さまざまな分野に影響を与えるだろう。このプロジェクトの進捗と新しい発表が待ち遠しいです。

オーグメンテッドリアリティの詳細およびご質問は、下記までお問い合わせください。 専門家に連絡する !