インフルエンサーを活用し、フィルタのオーディエンスを拡大する。

インフルエンサーサービスを利用すれば、フィルターのリーチを素早く拡大することができます。

ソーシャルネットワークでフィルターを成功させるには?

Instagram、Snapchat、Facebook、TikTokのフィルターやエフェクトのためであれ、インフルエンサーサービスはキャンペーンを開始する際にインプレッション数を高めることができます。この活性化により、インプレッション数を飛躍的に増加させ、多くのユーザーに素早くリーチすることが可能になります。これにより、インフルエンサーのコミュニティがソーシャルネットワーク上でフィルターを共有し、その結果、他のインプレッションを生み出すという雪だるま式効果が期待できます。 

インフルエンサーの選定をサポートします。

御社のフィルターには、満足のいく統計以上の成果を出していただきたいので、インフルエンサーエージェンシーにコンタクトする時間を取るのは難しい場合があります。そこで、フィルターメーカーは、フィルター活性化を成功させるためのインフルエンサーサービスをサポートします。

影響力

現在では、インフルエンサーが口コミの最良の活用法になっています。実際、35歳以下は1日に4時間以上スマホを使い、80%がアンバサダーをソーシャルネットワークでフォローしています。インフルエンサーは、そのコミュニティのインスピレーションの源となり、ブランドにとって重要なレバーとなりました。このように、インフルエンサーを利用してフィルターを活性化させることで、効果をしっかり浸透させることができます。

マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーとは、1,000人から10万人のフォロワーを持つアンバサダーのことです。ご覧の通り、彼らはマクロインフルエンサーよりもオーディエンスは少ないですが、その影響力ははるかに大きいのです。実際、マイクロインフルエンサーのコミュニティはよりエンゲージメントの高いものであり、そのためより良いROIを実現することができます。また、マクロインフルエンサーが高額な料金でサービスを提供するのに対し、マイクロインフルエンサーは中小企業でもインフルエンサーマーケティングを利用することが可能です。そのため、ブランドがこのメディアを使って拡張現実フィルターを作動させることは、非常に興味深いことです。

使用例:PUMA

簡単な説明 

インスタグラムフィルターの目的は、物理的な広告やソーシャルメディア全体の戦略で登場した「Sang marseillais」キャンペーンと連動した効果を生み出すことでした。UGCを生み出すためには、オリンピック・ド・マルセイユというクラブを強調し、ファンの熱狂を感じさせることが必要でした。

推薦・制作: 

代理店La Fourmiとのコラボレーションにより、「Sang marseillais」キャンペーンのグラフィックチャーターに基づいたInstagramフィルターを設定しました。このフィルターの仕組みは簡単で、顔のスキャンとさまざまなアニメーションによって、ユーザーが自分のマルセイユ血液の濃さをランダムに知ることができるのです。デモ映像は、オリンピック・ド・マルセイユのセントラルディフェンダーとして活躍する有名なサッカー選手、アルバロ選手が作成したものです。 

発売当初は多くのインフルエンサーがInstagramのフィルターを使用したため、非常に多くのターゲットにリーチでき、その後UGCを生成することができました。サポーターの皆さんのクラブへの帰属意識が、キャンペーンの成功に大きく貢献しました。

使用例:地下鉄20年

サブウェイは、フランスで450店以上のレストランでサンドイッチを提供しているファストフード企業です。創業20周年を記念して、Instagramのフィルターを作成しました。20秒間動かないことを目的としたフィルターで、それぞれの顔の動きはSpark ARで開発したアルゴリズムで検出しました。ユーザーが移動すると、移動ごとに2点ずつ減点され、ゲーム終了時には20点満点で得点を得ることができました。 

インスタグラムフィルターのプロモーションのためのコンテストに加え、発売時に効果のリーチを高めるためにインフルエンサーを使ったキャンペーンが行われました。グレーハウス、ルーカススタジオ、カミーユLVのインフルエンサーに声をかけ、Instagramでフィルターのプロモーションを行いました。