拡張現実(Augmented Reality)とは? 定義?

拡張現実は、現実の環境に仮想的な要素(架空のレイヤー)を組み込むことができる技術である。以前は、医療や産業の特定の分野でのみ使用されていた技術であった拡張現実は、ソーシャルネットワーク上のフィルターによって、最も多くの人々に民主化されました。拡張現実技術を利用するためには、パソコン、携帯電話、タブレット端末、拡張現実メガネなどを使用することが可能です。

拡張現実(Augmented Reality)と仮想現実(Virtual Reality)の違い? なぜ?

前述したように、拡張現実は、現実の環境に仮想のレイヤーを組み込むことができる技術である。一方、バーチャルリアリティは、現実の環境を利用して要素を統合するものではないので、拡張現実のコンテンツを利用する人の世界は全く変わってしまうでしょう。バーチャルリアリティは、オーグメンテッドリアリティとは異なり、バーチャルリアリティグラス(メタクエストなど)と呼ばれる特定のメガネがないと使用できません。

拡張現実(Augmented Reality)の誕生? はじまり?

1980年代初頭、サザーランドがヘルメットにモーションセンサーを装着することで拡張現実感を実現したのがきっかけで誕生した。1980年代に戦闘機パイロットのバイザーに採用されたのが最初です。

現実:何が現実であるか、何が概念だけでなく、物、事実であるかの特性。 

増加:同じ種類のものを加えることによって、より大きく、より相当なものにすること。

拡張現実とは、現実の環境に仮想的な要素(2Dまたは3D)を重ね合わせることである。この技術は30年以上前からありましたが、ここ5年ほどで本格的に民主化されました。

 

オーグメンテッドリアリティ? メディア 道具?

Lコンピュータ ブロードキャスト オーグメンテッドリアリティー

例えば、Twitchで拡張現実を使った配信ができるほか、Microsoft TeamsやGoogle Meetsなどのビデオ会議にも拡張現実を組み込むことができます。

スマートフォン オーグメンテッドリアリティ用

スマートフォンは現在、ARコンテンツに最も広く使われているデバイスである。ウェブARコンテンツ(ネイティブアプリケーションをホストしない)のみならず、ソーシャルネットワーク上、フィルター経由、モバイルアプリケーション上で拡張現実コンテンツを作成することが可能です。

メガネ・ヘルメット オーグメンテッドリアリティの

拡張現実メガネやヘッドセットを使えば、パソコンやスマートフォンを取り出すことなく、拡張現実コンテンツを体験することができます。数多くの企業や新興企業がメガネやヘッドセットを設計しており、間もなく市場に出回る予定です。

オーグメンテッドリアリティをどう使うか? 使用例?

の拡張現実 ぎょうかい

産業界は、精度が非常に重要な分野です。この技術は、プロセスを邪魔したり遅らせたりすることなく、効率を高めてくれます。これはまさに、サフランとその航空機のメンテナンスのケースです。技術者は標準を尊重し、可能な限りリスクをゼロに近づけなければなりません。 

航空機の安全性を最適化するために、サフラン社は航空機の配線のメンテナンスに拡張現実を利用することを決定しました。タブレット端末を使用することで、技術者はケーブルの正しい構造をケーブル表面に直接投影できるため、疑念を抱くことなく迅速にケーブルのチェックや修正を行うことができます。

の拡張現実 健康

また、手術には非常に正確さと冷静さが求められますが、外科医は2Dの書類とスキャンしか持っていません。
しかし、たった一度の手術ミスが患者の命を奪うこともあるのです。だからこそ、メスの動きの精度を高めるために、拡張現実が役立つのです。

拡張現実の最初の用途のひとつは、身体の内部を表示することで、医師がこの技術を使って患者の腹部を正確に視覚化できるようにすることです。これは、ある医師が2004年に卒業論文のために行った研究です。 
この医師が行った実験では、十分すぎるほどの結果が得られており、「患者を対象としたいくつかの臨床実験により、このシステムが手術室で使用可能であることが実証され、近い将来、日常的に使用されることが示唆された」と述べています。

の拡張現実 マーケティング

ここ数年、マーケティングのトレンドは大きく変化し、デジタルはブランドの戦略上、重要な位置を占めるようになりました。

すべてのデジタルトレンドは、そのターゲットの最大に到達するために利用される。しかし、拡張現実は、デジタルマーケティングやコミュニケーション戦略において、ますます重要な位置を占め始めています。ポケモンGOのリリース以来、多くの人々がこのテクノロジーの利点を発見し、活用を始めています。 

さらに、SnapchatやInstagramなどのソーシャルネットワークは、フィルターを通して拡張現実の利用を強調しています。これは、広告や投稿を必要としない、ソーシャルネットワーク上でのコミュニケーションの代替手段をブランドに示しています。 

での拡張現実。カー

拡張現実は、自動車の世界、特に私たちが毎日使っている自動車に導入され始めています。実際、すでに一部の自動車ブランドでは、車のフロントガラスに組み込まれた拡張現実を提供しています。 

この機能は、距離や軌跡だけでなく、ドライバーが運転している速度も確認できるため、資産となり得ます。さらに、拡張現実は、その人の環境に直接組み込まれる技術である。したがって、ドライバーの見ている環境にすでに情報があるため、ドライバーの運転を邪魔することはありません。

すでにいくつかのブランドが、拡張現実を取り入れた車を発売しています。例えば、メルセデスやBMWは、インテリジェントなフロントガラスを備えたモデルを用意しています。

お問い合わせ

数分以内に 数分でお返事します ✔

があります。 りえき短所 拡張現実

オーグメンテッドリアリティのメリット

拡張現実は、今後さまざまな分野で活用されるツールになる技術です。 

  • を適応させるツールです: ARは、あらゆる種類のドメインに適応できるという特殊性を持っています。あらゆるコンテンツを重ね合わせ、環境の特徴を認識することができるのです。
  • どこにでもフィットする技術: 拡張現実の最大の利点は、用途に応じてさまざまなメディアに組み込むことができる点です。カメラと投影エリアを組み込むだけで、完成です。すでにコネクテッドミラーやフロントガラス、メガネなど、さまざまなメディアで利用できるようになっています。
  • RAが人間を助ける: 学習、工場での生産性向上、デザイン品質の向上が期待でき、また、ユーザーの環境をガイドすることも可能です。

オーグメンテッドリアリティのデメリット

  • 予算が必要です: 今のところ、オーグメンテッドリアリティの開発は、まだ始まったばかりです。拡張現実を取り入れようとすると、かなり大きな予算が必要になります。しかし、導入コストを下げるための研究はどんどん進んでいます。
  • パフォーマンスが悪い: 現在、拡張現実はまだその能力をすべて発揮しているわけではありません。特にソーシャルネットワーク上では、センサーと投影の精度が最適化されていないことが多いため、期待に応えられないことがあります。
  • 情報過多: 拡張現実は、使い方を誤ると、効果を発揮しないことがあります。実際、ブランドが提供する拡張現実の体験が要素的に忙しすぎる場合、ユーザーはその瞬間を評価することはないでしょう。まるでテレビコマーシャルのように、たくさんの要素やテキストが一度に画面に表示され、すべてを見たり読んだりする時間がないようなものです。

拡張現実ソフトウェア

市場には、すでにいくつかの拡張現実ソフトウェア・パッケージが存在しています。拡張現実ソフトウェアの中には、無料で利用できるものもあり、ニーズに応じてさまざまな体験を作ることができます。このセクションでは、誰でも利用できる無料ソフトウェアのみを取り上げますが、ある程度のコーディングの知識と強力なコンピュータが必要です。

  • Meta Spark Studio(メタスパークスタジオ) : を作成することができるソフトです。 インスタグラムのフィルター やFacebookなどのSNSに対応しています。ローラー、フェイスアニメーション、ARゲームなど、あらゆるタイプのInstagramフィルターがこのツール上で可能です。
  • レンズスタジオ : を作成するためのソフトウェア、それがLens Studioです。 Snapchatのフィルター.Meta Spark Studioと同様、無料で、好きなSnapchatフィルターを作成する機能を提供しています。ただし、このソフトウェアには、コーディングと拡張現実に関するしっかりとした基礎が必要です。
  • エフェクトハウス : TikTokは最近、作成用ソフトを発売しました。 TikTokのフィルター は、ソーシャルネットワークのクリエイターが様々なコンテンツを作成し、プラットフォームに供給する機会を提供することを目的としています。そのインターフェースは、拡張現実ソフトウェア「Meta Spark Studio」に似ているため、「Lens Studio」よりも扱いやすい。
  • ARコア : は、ウェブサイト上で拡張現実体験を統合するためのGoogleのツールです。このツールにより、Android、IOS、Unity、およびWeb上で、スマートフォンやタブレットから直接、要素や製品を投影して、サイトの訪問者に提供することができます。
  • ARキット : は、iOS環境にネイティブでない拡張現実機能を作成するためのAppleのツールです。