アップル、AR(拡張現実)に注力

AppleのCEOであるTim Cookは、最近、ARとその未来に大きな関心を示しています。

拡張現実の台頭で交流が深まる...

この新しい技術は、今後ますます活用されることが期待されます。確かに、より多くのコンバージョンを獲得して、コマーシャルリーチを拡大することができます。また、より多くの可能性を与えることで、交流をより豊かなものにします。

例えば、来週、たくさんのデータとかなり複雑な説明を伴う重要な面接があるとします。新しいARツールを使うことで、対話を豊かにし、議論を明確にすることができます。この努力は、よりダイナミックなやりとりをもたらし、コンバージョンにつながる可能性が高くなります。

ですから、あなたのウェブサイトやビジネスに拡張現実を取り入れるのを、もう待つ必要はありません。応募・お問い合わせはこちら

アップルリアリティオーグメンテッド

繰り返されるイノベーション

アップルの新製品が発売されるかもしれないという噂はたくさんあります。まず、メガネとバーチャルリアリティヘッドセットの開発が考えられます。業界の報道によると、これらのデジタル技術の革新は、メガネは2022年までに、ヘッドセットはその3年後に発売される予定だそうです。 

しかし、忘れてはならないのが、しばらく眠っていたプロジェクト・・・。アップルカー !実際、この自律走行型電気自動車は、いまだ沈黙のプロジェクトであり、その進捗が気になるところです。この凝縮されたイノベーションに大きな期待を寄せています。 

アップルルネット

ティム・クックは、この技術がいかに重要であるかを知っているのです

のCEOは、さまざまなインタビューの中でアップル は、オーグメンテッドリアリティ(拡張現実)のビジョンを提唱しています。ティム・クックにとってこのテーマは、集中的に取り組むべき中心的な目的である。数年後には、これらの技術は、社会で最も普及し、最も評価される行動手段の一部となっていることでしょう。 

さらに、上記のプロジェクトの進展について、CEOはどの質問にも非常に曖昧な態度をとり続けた。