拡張現実フィルターでイケアのアートイベントコレクションをPR

コレクション IKEAアートイベント は2015年に発売され、毎年発売されています。このコレクションが目指すのは、アートと機能のミックスであり、両者のハッピーミディアム(中間)を見出すことです。毎年、イケアは現在のアートトレンドに沿ったアーティストとチームを組み、モダンな商品を提供しています。

IKEAアートイベント:みんなのためのコレクション

今年は、世界各国から数名のアーティストがコレクションの開発に携わっています。IKEA Art Eventの責任者であるHenrik Mostは、アーティストのさまざまなスタイルを通して、多くの人が自分自身を認識できるようになりたいと考えています。

 

「このコレクションのすべてのアイテムは、実用的な機能を持ちながら、同時にアートオブジェでもあります。アートはハイエンド、デザインはマスカルチャーという従来の考え方は、もはや通用しないのです。この2つの相性は抜群で、そこにマジックが起こるのです」とヘンリック・モストは言います。

インスタグラムのフィルターでコレクションを身近に

このコレクションの趣旨に沿い、イケアは同じ機会にAR(拡張現実)フィルタを インスタグラムアカウント.これらのエフェクトは、10個のオブジェクトにアニメーションをつけて投影しただけのものです。

イケアアート・イベント・拡張現実

このキャンペーンは、コビドにもかかわらず、彼らのコレクションをより生き生きとしたものにし、誰もがアクセスできるようにすることを目的としています。こうすることで、インスタグラムのコミュニティは、ショップに行かなくてもコレクションを見ることができるのです。ヘンリック・モストが言うように、このコレクションは万人受けするもの、つまり誰もが共感できるものを目指しています。

さらに、フィルターのバイラル性から、IKEAはコレクションを周知させるためにこの戦略を選択しました。確かに、IKEA Art Eventはまだあまり知られておらず、ARを取り入れたということで コミュニケーション戦略 は、ソーシャルネットワークへの単純な投稿よりも、さらに多くの人にリーチすることができます。