ピクミンブルーム:任天堂とナイアンティックによる新しい拡張現実ゲーム

ご存知のように、ゲーム「ポケモンGO」は人々の心に刻まれ、何よりもAR(拡張現実)の活用がクローズアップされています。 このゲームは大成功を収め、任天堂とナイアンティックはそれにとどまらず、新たなモバイル拡張現実ゲームを発売することになりました。

ピクミンブルーム:「ポケモンGO」に似たゲーム

ピクミンという生き物(半分植物、半分動物)は、任天堂の宮本茂氏が考案した伝説に由来しています。 ゲームは『Pokemon GO』と同様、歩いて新しいピクミンと、そのピクミンを生み出す種を発見することです。種を育てるには、外を歩く必要があり、その歩数によってさまざまな種類のピクミンが生まれます。種によって特徴が異なるため、ピクミンを「コレクション」することができます。 ただし、歩数をカウントするためには、このデータを収集するためにGoogle Fitをダウンロードする必要があります。

ジョン・ハンケ氏によると、「『Pikmin Bloom』は、毎日の散歩など、屋外での時間をより楽しくするためにデザインされています。 本作の拡張現実は、歩いて種を探したり、ピクミンと触れ合ったりする際にオプションで使用できます。

ナイアンティック・ピクミン・ブルーム・ニンテンドーゲーム

ナイアンティックと任天堂のコンビ

ナイアンティックは、ナイアンティックラボとも呼ばれ、2010年にジョン・ハンケによって設立されたビデオゲーム会社である。任天堂の拡張現実ゲーム「ポケモンGO」を開発したことで知られている。 

このコンビは2016年、拡張現実をモバイルゲームに統合した「ポケモンGO」を発売し、大きな成功を収めました。スマートフォンで最も多くダウンロードされたゲームの一つであると同時に、日常生活における拡張現実の利点を民主化し、実証したのです。 だからこそ、ナイアンティックと任天堂は、やはり50億円を生み出した「ポケモンGO」と同じ成功を収めたいと考え、このようなゲームをまた提供することにしたのでしょう。 

拡張現実はその実力を証明し続けており、ブランドにとって大きな柱になりつつあります。 お問い合わせ をクリックして、ARのさまざまな可能性をご覧ください。