ワークフロー

お客様の体験を素晴らしいものにするために、私たちは、お客様のARプロジェクトの開発中に全員の時間を最適化するためのワークフローを用意しています。
 

1

目的

最初に電話で問い合わせた後、ブランドの目的を決定します。そして、お客様の期待に応えるべく、当社の拡張現実コンテンツによって促進される主要なアクティベーションを特定します。 

2

BRIEF

必要なものを納得した上でオーグメンテッドリアリティのモデルを作成するために、私たちのクリエイティブチームに説明をします。このようにして、私たちはお客様に、その効果を最初に視覚化し、そのメカニズムを理解する機会を提供しているのです。    

3

クリエイション

モデルの検証を終えたら、効果の演出に移ります。このとき、2Dの要素を作成し、3Dで製品をモデル化し、ARですべての要素を統合/最適化します。

4

ADJUSTMENT

フィルター制作の各ステップをフォローすることで、フィルターに存在するさまざまな要素をお客様と一緒に調整することができるのです。そのために、クライアントと何度もやり取りをして、できるだけスムーズにプロジェクトマネジメントができるようにしています。 

5

ディフュージョン

設計が完了すると、普及の段階に入ります。効果を発揮するための普及計画について、クライアントをサポートします。目的は、創られた効果を工夫して促進するための有機的なレバーをできるだけ多く特定することです。

6

ローンチ

効果の検証後、お客様のアカウントへのインポートをサポートします。そのために、まず、選択したプラットフォームに応じて2つのソフトウェアで効果を公表しています。 レンズ スタジオ (Snapchat)または スパークARハブ (FacebookまたはInstagram)をご覧ください。

7

フォローアップ

フィルターが配布された後、フィルターの統計情報にリアルタイムでアクセスできるようになりました。インプレッション、オープニング、シェア、キャプチャを分析し、クライアントの効果の知名度を推定します。 

当社は、視聴者を分析することもあります。これらの措置により、あなたのエフェクトを開いた人々の性別、年齢、所在地に関する情報が得られます。

性別・年齢は、InstagramやFacebookのプロフィールに記載されている情報に基づいています。

上位の国は、エフェクトを開いたときに人がいる場所を基準にしています。

8

デブリーフィング

各キャンペーンの終了時には、クライアントと電話会議を行い、効果から得られたインサイトを報告します。また、今後の創作のために確認すべき潜在的なレバーについても議論しています。