拡張現実とビデオ会議:それは可能だ

はじめに

パンデミック危機を迎えている今、テレワークは誰にとっても必要なものとなっています。このような働き方にはメリットとデメリットがあり、問題となる特性のひとつに、ビデオ会議の品質があります。拡張現実は、ご想像のとおり、このような瞬間をより効率的にするために、オンライン会議の場でも活躍します。この機能は、Skype、Teams、Google Meetなど、ほとんどのソフトウェアで、簡単にソフトウェアをダウンロードすることで利用できます。

また、Filter Makerを使えば、ビデオ会議を拡張現実でアニメーション化することも可能です詳しくはお問い合わせください。 

ビデオ会議で企業文化を強化する

まず、拡張現実によって、企業文化を強化することができます。この技術をチームミーティングに導入することで、アニメーションによるダイナミズムが加わり、より没入感のあるミーティングを行うことができます。

© : Youtube :Kevin Stratvert

 


顧客との会議やミーティングを活性化させる

商談や会議に拡張現実を取り入れることで、会議がより活発に、より効果的になります。また、3Dで商品を紹介することもできます。このように、重要なトピックの交換と可視化を促進することで、アイデアを共有し、より興味深いフィードバックを得る機会を増やします。

 

上の図は、ビデオ会議で利用できるメイクアップ・フィルタの例です。オレアル.ロレアルのこの新機能は1月にリリースされたもので、ブランドコンテンツのようなものです。ロレアルは、テレワークの増加で、会社が立ち直り、皆に新しいオリジナルなものを提供できるようになったことを理解しています。