イベントと拡張現実:没入感のある体験を実現するには?

また、イベントには、お客様のロイヤリティを確保するために、優れたマーケティングとコミュニケーション戦略が必要です。特に年に1回しか開催されないイベントの場合、ブランドイメージを持つことが難しい場合があります。顧客ロイヤリティを高めるためには、非常に満足度の高い顧客体験を提供し、次回も来たいと思わせることが必要である。

新しい技術によって、顧客体験を簡単に向上させることができます。拡張現実の登場は、没入感のあるユニークな体験を生み出すことができるため、非常に重要なテコとなります。

内容

イベントのプロモーション戦略

まず、イベントの前後に拡張現実を利用してプロモーションを行い、イベントの痕跡を残すことができます。

イベント前: コミュニティを巻き込む

👉🏻 フェスティバルをイメージしたフィルターをSNSに提供し、ユーザーがイベントに来たくなるような工夫をする。

👉🏻 ソーシャルネットワーク上でチケットが当たる拡張現実ゲームを開催する。

👉🏻 QRコードを映画祭のポスターに貼ると、イベントプログラムやアニメーションが目の前に現れます。 


イベント終了後:可視性を保つ

👉🏻 SNSでイベントの思い出を綴ったフィルターを起動させる

👉🏻 イベントの雰囲気を長く保つこと

イベントにおけるAR(拡張現実)の導入について、当社のスペシャリストにご相談ください。

イベント中:没入感のある体験の提供

参加者にとって刺激的でポジティブな体験になるよう、さまざまな工夫をしています。そのいくつかをご紹介します。

👉🏻 会場をアニメーションやインタラクティブな設定で飾り、参加者の興味を引き、その場で行われる交流に参加したくなるような演出をする。

イベントオーガナイズドリアリティ

 

👉🏻 例えば、AR(拡張現実)を使って宝探しの手がかりとなる地図を表示し、会場のあちこちでゲームを開催する。

 

👉🏻 音楽祭などでは、曲の歌詞を空中に出現させたり、ライブ中の風景を変化させたりすることも可能です。

 

👉🏻 小道具や人物が画面に登場する仮想フォトブースを設置する。

これらのことがユニークな体験となり、参加者の携帯電話に痕跡を残し、みんなと共有することができるのです。

結論

したがって、拡張現実は、基本的なマーケティングに徐々に飽き始め、体験型マーケティングを好む参加者に素晴らしい体験を提供することを可能にし、イベント業界における大きなテコ入れとなります。ユニークで没入感のある思い出があれば、次回もこの瞬間を再現しに来たいと思うはずです。

イベントに拡張現実を取り入れる方法についてアドバイスが必要ですか?詳しくはお問い合わせください