Google、拡張現実で日本のカルト的なポップキャラクターを追加

グーグルは新しいAR機能を次々と発表しています。日本のポップカルチャーを代表する14種類のキャラクターを、ご家庭で楽しく3D映像化することができます。

ファッショナブルな世界

ジャパニーズ・ポップスの世界の人気は、現在、私たちの社会でも非常に高いものがあります。マンガ、アニメ、ゲーム、あるいはkpopスタイルの音楽が台頭している。

そのため、Googleはこのパンデミックの時期に、この国際的な文化の多くのファンにエンターテイメントを提供します。

Google、複数のカルトキャラクターを発表

選ばれた14人のキャラクターは、漫画、アニメ、ゲームなど、カルト的なエンターテインメントである日本文化から描かれています。

その結果、提案されたキャラクターは以下の通りです。

    • パックマン
    • ハローキティ
    • ぽんぽこりん
    • 小さな双子の星
    • ウルトラマン
    • ウルトラマンゼロ
    • ゴモラ
    • エヴァンジェリン
    • ガンダム
    • ゴグミャム
    • 太鼓の達人

一番知られているのは、ハローキティとパックマンでしょう。 パックマン は、Googleが最も検索されていると考えています。このように、身の回りの現実の要素に拡張現実のキャラクターを入れることができるのです。

このキャラクターが3Dになると、それぞれに個性が生まれ、独特のしゃべり方をしたり、対応する音を出したりするようになります。これにより、3Dビジュアライゼーションはよりダイナミックなものになります。

グーグルアージャパン

👉🏻 使い方は?

この新機能を発見するために、2つの選択肢があります。

    • IOSを搭載したIphoneをお持ちの場合:Ios11以上のアップデートが必要です。その後、Googleアプリケーションで14文字のうち1文字を検索してください。検索すると、「3Dで見る」→「自宅で見る」の順に表示されます。タダァーッ!これで、これらのキャラクターにユニークな命を吹き込むための最高のシナリオを想像する準備が整いました🚀。
    • Androidをお持ちの方は、少なくともAndroid 7にアップデートされている必要があります。あとは、Googleのアプリケーションで14文字の名前を検索する、という流れになります。検索すると、「3Dで見る」→「自宅で見る」の順で表示され、タダで見ることができます。これで、これらのキャラクターにユニークな命を吹き込むための最高のシナリオを想像する準備ができました🚀 ただし、この機能をARで使えるのはARCoreに対応したAndroidデバイスだけなので、注意してください。

最後に、ご希望であれば、楽しい動画を撮影して、SNSでシェアすることもできます。

  1.  

再び、拡張現実がみんなの生活に登場します。 ウェブサイトでは、あらゆる可能性をご紹介しています。